Share

Invitation - Japanese

学科長からの招待

Welcome!

昆虫科学科の大いなる発展を期待して、皆様をペンシルヴェニア州立大学大学院に招待致します。私たちの学科では、様々な国から、多様な文化に加えて異なる学部教育(生化学、化学、動物学、植物学、気象学など)を背景に持つ学生が集まっています。

私たちのウェブサイトをご覧頂ければおわかりのことと思いますが、いくつかの基幹研究分野にこれほど重点的に力を入れている点で、私たちの学科は他に例のないユニークな学科であるといえます。ただ一人の教授がその専門分野を代表するというのは多くの学科に見られますが、ここでは少なくとも複数の学部教員がそれぞれの専門分野で共に研究しています。このことにより、学生は、優れた専門知識を携えた教授陣による複合的な論文指導を受けることができ、また共通の関心を持つ院生と幅広いネットワークを共有するという、希少な学生生活を経験するでしょう。この相乗効果により、グループ学習体験が積極的に進められ、実際の研究チームへの参加も可能になっています。私たちが重点を置いている分野は以下の3分野、すなわち、化学生態学 (Chemical Ecology)、生態理論応用学 (Ecological Applications)、そして病理生物生態学 (Disease Biology and Ecology) です。

近年、Tom Baker博士やJim Tumlinson博士など国際的に著名な科学者を集め、私たちの化学生態学分野は、全米のどの教育プログラムにも例を見ない強さを誇っています。また、生態理論応用学グループは、生態学理論を実際に応用する研究において優秀な成果を上げています。この中核となる分野で特に注目を集めるのが、彼らのモデルを広範囲な時空スケールに適用した病害虫予報への応用研究です。さらに私たちは、病理生物生態学にも非常に強力な研究グループを擁しており、特に昆虫病理学や昆虫免疫学を重点的に取り扱う研究プログラムを進めています。これら3研究分野を自由に横断しながら、学生たちは共に研究するに値する協力的な教官を見つけることができるでしょう。実際、多くの例において、学生たちはこれら教授陣の奥深い専門知識を大いに利用し、指導教官たちの協力を大いに活用して、大学院での研究に役立てています。

Penn State大学への入学を御一考頂ければ幸いです。お気軽にご連絡下さい。学科及び入学手続きについての詳しい情報は、大学院プログラム係(the graduate program coordinator)Michael Saunders;mcs5@psu.edu 、又は大学院プログラム補佐(the graduate program assistant)LaTrisha Hough ; ldw5@psu.edu までお願いします。

Gary W. Felton (gwf10@psu.edu)
Professor and Head, Entomology